食育や調理のスペシャリストになる【資格あってこその料理人】

食器

お菓子作りの専門家

パティシエを目指す人々

近年世界中で様々なお菓子作りの大会が開催され、色々なメディアで紹介されています。日本だけではなく、海外にもパティシエを目指す人が増え、女性だけではなく多くの男性がパティシエを目指しています。 最初は趣味から始めることも多いお菓子作りですが、本格的な調理を学ぶためには専門学校へ通う必要があります。 パティシエの専門学校は意外と多く、東京はもちろん様々な都道府県にあります。パティシエになるため専門学校で学ぶことは多いのですが、自分がどういったお菓子を作りたいのかをイメージすることが大事です。 ケーキ作りが有名ですが、その他にも様々な物を作る技術を学ぶことができます。パティシエになった後の豆知識としては、クリスマスやバレンタインがある12月から2月までが多忙となっており、新米パティシエにとっての最初の難関になると言われています。

オリジナリティを出す

パティシエになるために通う専門学校では、ケーキ作りやお菓子作りはもちろん様々なレシピを覚えることができます。 しかし、そのレシピ通りに作るだけではオリジナリティが出ません。教えられたレシピに自分なりのアレンジを加えることで一人前のパティシエになることができます。 レシピ通りに作ることも大事ですが、ある程度慣れた頃には材料を増やすなどの工夫を行うことが大事になります。 年間多くのパティシエが日本のみならず海外でも活躍していますが、海外の調理法や食べ物を食べることで新しい発見をすることができます。 専門学校で学んだ知識だけではなく、自らの舌で味を探求することもパティシエにとってとても大事なことになります。

トップへ

Copyright (c) 2015 食育や調理のスペシャリストになる【資格あってこその料理人】 all reserved.